@_STCKSK_

K'z Life Journal

[3201]ニッケ(日本毛織) 株主総会 レポート

日時:2017.2.24 開始10:00 終了10:50前後
場所:元町 兵庫県民会館11階
会社:ニッケ(日本毛織)


自称ニート大学生の私、本日は株主総会行ってきました。
“早起きをして” です。

なぜ今回、株主総会に出席したのかと言いますと、


お土産をご用意との表記!!

この会社、今までの株主総会で大したお土産を配ってないように見受けられたので、出席するか少々迷いましたが、

「創立120周年」

さすがにイイ品が貰えると踏んで参戦しました。


そして、お土産がコチラ↓


ノートカバー(ノート付)、2017手帳
ノートカバーは出席票と共にはじめに、
手帳はおわってからいただくことができました。(最初にまとめて渡してくれー!)


さすが毛糸メーカー、肌触りの良いノートカバーがもらえました。
この春から社会人となる私にはピッタリのアイテムです。

手帳はニッケロゴ入りでした。


席数は200席、出席者は80〜90人?程度。
案の定、出席者の中では当方が最年少株主でした。

総会に出席すると、どんな事業に注力しているのかダイレクトに伝わってきて、今後は有給を取ってでも参加する価値があると感じます。
市議会の傍聴のように参加した人のみぞ知ることのできるものがあります。


いつも拍手するだけの傍観者なのもつまらないので、
来月出席する株主総会では何か意見を述べてみたいものです。

2017四季報新春号 個人的注目銘柄6選

こんばんは。

皆さん土日はいかがお過ごしでしょうか。
わたしは四季報分析と漫画と小説漬けでした。


さてブログの移転作業も全然終わってないですが、、、新たな記事を書きます。


今回は、土日におこなった2017年新春号四季報の分析に関する "自分へのメモ" です。




悩みに悩んで6社に絞りました。

シンプロメンテ、エイジア、グリムスらへんの小型株を選びたかったのですが、もうツイッターで若干話題になってたので、省略!

このブログでは読んでくれた方にとって、新たな発見となれるような、
もう少しマニアックで、シブいラインを狙って銘柄を選びました。


現在株価は12/16終値のことです。



営業CF面で魅力

JQ カッシーナIXC 現在株価858円
【イタリアのカッシーナ社家具の輸入販売】
営業キャッシュフローで見るなら昨年比伸び率は堂々の第一位です。(見落としは無いと思いますが)
純利益で見ても好調に感じます。
ファニチャー業界では、大塚家具は利回りの面に、カッシーナは営業CF面に惹かれるところがあります。
とりあえず数字で見て儲かってる印象があるので、2017年、さらなる飛躍に期待したい。



東1 8940 インテリックス 現在株価736円
【中古住宅(主にマンション)の再生販売最大手】
カッシーナには劣りますがココも営業CFがイイです。儲かってますね。
国を挙げて空き家解消を推進しているので今後補助金なんかも………(国策銘柄期待)
REITのようでREITとは異なる、アセットシェアリング事業の今後の成長にも注視していきたい。



JQ 3065 ライフフーズ 現在株価314円
【関西基盤の和食外食チェーン ザめしや等】
直近5年のチャートを見てゆるやかにジワジワ上げているこの会社、業績もジワジワと回復を見せています。
特に今回の四季報では、営業キャッシュフロー伸び率を分析したところ、全銘柄の中でトップ10に入ってます。儲かってます。
関西在住ですので、3000円分の株主優待券(年2回)も購入する背中を押してくれそうです。笑
個人的に関西企業へ投資するのが好きなので、拠点を大阪に置くライフフーズは言うまでもなく大注目でございます。


設備投資面で魅力

JQ 昭栄薬品 現在株価1950円
【天然油脂をメインに扱う化学商社、企画も】
今年春に上場して安く寄ったせいかドカンと上げたのは記憶に新しい。
この銘柄は四季報を分析してどうこうとかじゃない、割安IPOの筆頭だと思ってます。
PBR0.9倍、PER9.7倍
念のため、念のため四季報をめくって見ても、実績・予想比の設備投資が非常に高く(全銘柄の中で第2位)、将来の事業拡大に向け大いに意欲を感じさせられます。
ちなみに、昭栄薬品も同様に関西企業です。


東2 7703 川澄化学工業 現在株価678円
人工透析器具高シェア、クラレ旭化成と密接】
四季報から設備投資に積極的な様子が伺えました。
東証1部鞍替え投資法としての妙味は薄いと思います、もしも東証1部鞍替えを目論んでいるのならPALTEK川西倉庫ように優待クオカでも出してそう



研究開発面で魅力

JQ 2773 ミューチュアル 現在株価854円
【製薬・食品向け包装関連機械中堅】
四季報を分析してみたところ、研究開発の部門においては全銘柄の中でアウトソーシングに次いで第2位、非常に高水準と言えます。
株価の上昇には時間がかかるかもしれませんが、投資に見合った成長ぶりを長い目で見守っていこうと思います。
足元の業績も良く時価総額は65億円と、なかなか投資妙味のある小型株なのではないでしょうか。
ちなみに、ミューチュアルも関西企業なので個人的注目度は高いです。



以上、もう眼と指が限界に近づいたので終わりにします。

気づいたら在阪企業、ジャスダック銘柄推しになっちゃいましたね。w



研究開発での魅力ある企業を調べていて気づいたのですが、
まだ上場していないセグエグループ、実績値での研究開発は非常に高い水準でした。新たな発見です。
上場後は大いに注目していきたい銘柄となりました。


また何か発見があればその都度追記していきます。





おまけ

予想配当利回りが5%超

8186 大塚家具
7523 アールビバン
8709 インヴァスト証券
4918 アイビー化粧品
4980 デクセリアルズ
8887 リベレステ
3242 アーバネットC
3298 インベスターズC
6257 藤商事

隠れ優待こと議決権クオカードがもらえる銘柄


議決権を行使することでクオカードがもらえる銘柄があります。
いわゆる隠れ優待です。

エイジア、山一電機など、議決権行使のQUOカードだけでなく、
株主優待や配当がもらえちゃう1度で3度おいしい銘柄も中にはあります。



【議決権クオカードの魅力とは】
・(一般的な認知度が高くないため)権利落ちで株価が下がりにくい
・利回りがとてつもなく高い銘柄がある(株価1ケタ2ケタのボロ株の場合)



【気をつけておきたいこと】
・(隠れ優待ゆえに)予告なく廃止されることがある
上場廃止のリスク(詳しくはのちほど…)
・当たり前ですが、議決権の行使をお忘れなく





以下、銘柄の右に記載したアルファベット(A+〜E)は、その銘柄のファンダの面でのオススメ度を表したものです。


議決権行使QUOカード配布企業一覧

コード 企業名 権利月 株主優待 配当 総合評価
2352 エイジア 3月 QUOカード A+
6941 山一電機 3月 QUOカード B
6927 ヘリオステクノ 3月 地域特産物 A
3202 ダイトウボウ 3月 QUOカード - C
7823 アートネイチャー 3月 A
3528 プロスペクト 3月 C
2342 トランスG 3月 B
2321 ソフトフロント 3月 C
3858 ユビキタス 3月 C
3753 フライト 3月 C
6862 ミナト 3月 - - C
6993 大黒屋 3月 D
3742 ITBook 3月 D
4347 ブロードメディア 3月 D
4594 ブライトパスB 3月 E
7612 Nuts 3月 E
6636 ソルガムジャパン 3月 E
4584 ジーンテクノS 3月 E
3760 ケイブ 5月 C
3236 プロパスト 5月 D
1844 大盛工業 7月 C
3823 アクロディア 8月 D
6050 イーガーディアン 9月 A+
2667 イメージワン 9月 C
3653 モルフォ 10月 - - B
2160 GNIグループ 12月 E
4585 UMNファーマ 12月 E
4840 トライアイズ 12月 自社割引券 C
4583 カイオムバイオS 12月 E
3663 アートスパーク 12月 B
3782 DDS 12月 C
3727 アプリックスIP 12月 D

単なるボロ株、赤字バイオ株、IoT関連株が多い印象。
(赤字の会社に関しては、一体どこにQUOカードをばらまく余裕があるんでしょうねぇ…)

アジア開発キャピタルの議決権QUOカードの利回りは2016年6月中旬の時点でなんと40%超!!

「これは買わない手はない!!」

と安易に考えたそこのアナタに一言忠告。


ボロ株でご存知の方も多いはず、L◯Aホールディングスという企業も同様に議決権行使によるQUOカード500円をばらまいておりました。
が、2015年に上場廃止しています。

同様にメディ◯ックという会社も、2016年秋に上場廃止しています。


とは言え、数千円、数百円の投資で議決権QUOカード500円がもらえる可能性があるのであれば、投資妙味は大いにあるかもしれません。

ちなみにタカラトミーにも議決権QUOカードがあるようです。が、しかし抽選500名。(みんなに配らないのなら中途半端に配ることないのに…w)


キーコーヒー(権利月3月)はドリップコーヒー2袋、平和不動産は議決権行使でアメが貰えるというウワサも耳にしました。QUO主流の中、レアです。


ケイブが議決権クオカードを開始したのは2016年からのようです。
今後も配布企業が増えてくるかもしれませんね。





追記2017.6.5
原弘産、2017年から議決権QUOカード廃止したようなのでリストから削除しました。


追記2017.6.11
アジア開発キャピタルも2017年から議決権QUOカード廃止したようなのでリストから削除しました。


追記2017.7.22
リストにダイトウボウ、ミナトホールディングス(権利3月)を追加。
ACCESS(権利1月)も議決権QUOカードアリ?小耳に挟んだ程度なのでまだリストインはしないでおきます。
楽々さん情報:ブライトパスバイオ(旧グリーンペプタイド)も議決権QUOカード有りとのことです。


追記2017.7.28
従来はリストの並びを私個人の評価の順に並べておりましたが、権利月の順に並べ直しましたので一層見やすくなったかと思います。
東海運も2017年から議決権QUOカード廃止したようなのでリストから削除しました。
Nuts(権利3月)を追加。



★ーー注記ーー★
隠れ優待はその名の通り、一般的に開示されていないものなので、予告なく廃止される場合も考えられます。
投資は自己責任で。

万一、上記の議決権クオカの中で配布廃止された銘柄がございましたら、コメント欄にてご一報いただけたらと思います。

今後もこの記事は随時更新していきます。
最終更新日2017.7.28