圭さんの株メモ

株ブログ、こっちに移転しますた。記事の移転に苦戦中。。。

隠れ優待こと議決権クオカードがもらえる銘柄


議決権を行使することでクオカードがもらえる銘柄があります。
いわゆる隠れ優待です。

エイジア、東海運など、議決権行使のQUOカードだけでなく、
株主優待や配当がもらえちゃう1度で3度おいしい銘柄も中にはあります。



【議決権クオカードの魅力とは】
・(一般的な認知度が高くないため)権利落ちで株価が下がりにくい
・利回りがとてつもなく高い銘柄がある(株価1ケタ2ケタのボロ株の場合)



【気をつけておきたいこと】
・(隠れ優待ゆえに)予告なく廃止されることがある
上場廃止のリスク(詳しくはのちほど…)
・当たり前ですが、議決権の行使をお忘れなく





以下、銘柄の右に記載したアルファベット(A+〜E)は、その銘柄のファンダの面でのオススメ度を表したものです。


議決権行使QUOカード配布企業一覧

コード 企業名 権利月 株主優待 配当 総合評価
2352 エイジア 3月 QUOカード A+
9380 東海運 3月 QUOカード A+
6941 山一電機 3月 QUOカード B
6927 ヘリオステクノ 3月 地域特産物 A
7968 タサキ 10月 自社割引券 B
4840 トライアイズ 12月 自社割引券 C
6050 イーガーディアン 9月 A+
7823 アートネイチャー 3月 A
3663 アートスパーク 12月 B
3528 プロスペクト 3月 C
1844 大盛工業 7月 C
2342 トランスG 3月 B
3653 モルフォ 10月 - - B
2667 イメージワン 9月 C
2321 ソフトフロント 3月 C
3782 DDS 12月 C
3858 ユビキタス 3月 C
3753 フライト 3月 C
3760 ケイブ 5月 C
6993 大黒屋 3月 D
3727 アプリックスIP 12月 D
3236 プロパスト 5月 D
3742 ITBook 3月 D
3823 アクロディア 8月 D
4347 ブロードメディア 3月 D
6636 ソルガムジャパン 3月 E
4583 カイオムバイオS 12月 E
4584 ジーンテクノS 3月 E
2160 GNIグループ 12月 E
4585 UMNファーマ 12月 E

単なるボロ株、赤字バイオ株、IoT関連株が多い印象。
(赤字の会社に関しては、一体どこにQUOカードをばらまく余裕があるんでしょうねぇ…)

アジア開発キャピタルの議決権QUOカードの利回りは2016年6月中旬の時点でなんと40%超!!

「これは買わない手はない!!」

と安易に考えたそこのアナタに一言忠告。


ボロ株でご存知の方も多いはず、L◯Aホールディングスという企業も同様に議決権行使によるQUOカード500円をばらまいておりました。
が、2015年に上場廃止しています。

同様にメディ◯ックという会社も、2016年秋に上場廃止しています。


とは言え、数千円、数百円の投資で議決権QUOカード500円がもらえる可能性があるのであれば、投資妙味は大いにあるかもしれません。

仕手株化しやすいDDSやイメージワンは安値圏で拾うことができれば、議決権QUOカードを狙うことよりキャピタルゲインを優先すべきでしょう。
IoT関連はこれからも盛り上がりうるトレンドですので、要チェックです。

ちなみにタカラトミーにも議決権QUOカードがあるようです。が、しかし抽選500名。(みんなに配らないのなら中途半端に配ることないのに…w)


キーコーヒー(権利月3月)はドリップコーヒー2袋、平和不動産は議決権行使でアメが貰えるというウワサも耳にしました。QUO主流の中、レアです。


ケイブが議決権クオカードを開始したのは2016年からのようです。
今後も配布企業が増えてくるかもしれませんね。




追記2017.6.5
原弘産、2017年から議決権QUOカード廃止したみたいです(^_^;)

追記2017.6.11
アジア開発キャピタルも2017年から議決権QUOカード廃止したみたいです。



★ーー注記ーー★
隠れ優待はその名の通り、一般的に開示されていないものなので、予告なく廃止される場合も考えられます。
投資は自己責任で。

万一、上記の議決権クオカの中で配布廃止された銘柄がございましたら、コメント欄にてご一報いただけたらと思います。

今後もこの記事は随時更新していきます。
最終更新日2017.6.5