@_STCKSK_

K'z Life Journal

解説:なぜ物価上昇が求められるのか

なぜ物価が上昇することが求められているのか。

おそらく経済学部に在籍していた人とて知らない人多いんじゃないでしょうか。


まず、アベノミクスは景気を良くするために
「物価を上げる」
ということをテーマにしています。

が、しかし消費者にとっては、
「物価上昇!?モノが高くなると困るなぁ、消費税も高くなってるしホントにその政策大丈夫?」
って思っている方も多いと思います。


恐らく知ってて損はない知識なので、ここで誰でもよくわかるようにご説明します。


その前にまずキホン
インフレになると、モノの価値が上がり、カネの価値が下がる。

デフレになると、モノの価値が下がり、カネの価値が上がる。



1.物価が上がるとは、お金の価値が下がること

現在、日銀はインフレ、つまり物価を引き上げるための政策を行っています。規制緩和もその一つです。
物価が上がるということは、お金で買える商品やサービスの価値が上がるということ。
裏を返せば、お金の価値が下がるということです。

例えば、10%のインフレだと100円のリンゴが110円に上がる。これは商品の価値が10円分上がったということ。
同時に今まで1000円札一枚出せば10個買えたリンゴが9個しか買えなくなる(1000÷110=9.09)。これは、1000円札の価値がリンゴ10個分から9個分に下がったということ。

2.物価を上げると景気が良くなる?

物の価値が上がって、お金の価値が下がると、稼ぎが今と変わらなくても、事実上収入が減ったのと同じことになる。

「じゃあなんで日銀はわざわざ消費者の生活が苦しくなるような政策なんか推進すんの〜(˘・з・˘)」

これが大方の消費者の物価上昇に対する考えだと思います。

物価上昇が求められる理由は、景気を良くするためです。
今まで(特に民主党政権時代)はインフレの逆のデフレ。
つまり、物価が下がってお金の価値が上がっていく時代が長く続きました。
そうすると、今日の1000円よりも、
明日の1000円の方がより良い
つまり、
(お金の価値が上がって)明日の方がより多くの商品が買えるということになる。

そうすると、
「デフレの影響で明日、さらに明後日の方がさらにお金の価値がどんどん上がってくんやね!てことはお金今すぐ使っちゃうより、しばらく貯金しとった方がどんどん貯めたお金の価値上がってくやん(*'▽'*)」
という思考がはたらいて、みんながお金をつかいたがらなくなってしまいます。

消費者の消費が冷え込むと、当然ながら商品やサービスが売れなくなります。

売れなくなると給料が下がり、さらに消費は冷え込みます。

そして、さらにさらに売れなくなっていきます。


というように、誰もモノ、サービスを買ってくれなくなるという循環が生まれてしまいます。
これが、みんなもニュースで聞いたことあるはず、デフレスパイラルです。


逆に、インフレが起きると、
お金の価値がどんどん下がっていく、
つまり、今日の1000円の方が、明日の1000円よりも良い条件(価値の高い時点)で使える。
つまり今あるお金は使っておかなきゃ損!ってことです。

すると、みんなの消費が活発になり、お金も商品もサービスも活発に行き交うようになり、国民の収入も上がり、景気が良くなります。

これが物価上昇を狙う政策のメカニズムです。

3.物価上昇(インフレ)が実現したらどうすればいいのか

じわじわ物価が上がるということになると、
今買えるものはなるべく今買っておいた方が良いということになります。ストックのきく、電球や蛍光灯、洗剤や缶詰、水などは買えるうちにストックしておいた方が良いかもしれません。
お金の価値が下がらないうちにってことです。

ポイントカードなどのポイントは、早めに消費した方が良いかもしれません。例えば、1ポイント=1円で使えたとしても、結局商品やサービスの値段が上がれば、ポイントの価値が下がったのと同じことになるからです。

これらはあくまで、物価上昇が継続的に実現した場合に取るべき手段と言えます。